汐入規予オフィシャルサイト

Profile

汐入 規予 (しおいりきよ)

長野市出身

幼少からピアノ、中学からボイストレーニング、音大声楽科でオペラ等学ぶ。

音大在学中から歌手活動を始め、シャンソンやジャズ・ポップス等マルチに歌い、卒業と同時期にプロ活動をスタートさせ、都内老舗シャンソニエやライブハウス、各地コンサート・イベント等に多数出演。

歌手・女優の花木さち子氏に師事し、2010年からは世界的ギタリスト吉田次郎氏と活動を行う。

2011年3月には、長野で絶大な人気を誇るタレント、三四六氏が作詞を手掛けた長野の御当地ソング「しなの恋巡り」を、吉田氏をプロデューサーに迎えリリース。

同年12月には、世界で活躍中のトップミュージシャンと共にニューヨークでレコーディングした1stアルバム「たったひとりのあなたに」をリリース。

2012年には今ジャズシーンにおいて最も活躍するChris Botti(tp)の司令塔的存在であるAndy Ezrin(p)との共演を果たす。

2014年4月からFM長野毎週土曜日18時〜放送「汐入規予I'm with you」でパーソナリティーを務める。

2015年プロ野球公式戦で国歌斉唱。

2018年6月 吉田次郎氏によるプロデュース、2ndアルバム 「A sense of nostalgia」をリリース。

また2004年から都内と長野でボイストレーナーとして活躍。舞台俳優やアナウンサー、歌手、等、幅広く指導。

abn長野朝日放送「ザ・駅前テレビ」CDデビュー企画にて、レギュラー出演陣のボーカルレッスンを約半年間担当。「笑顔のタネ」リリースへと導いた。

音楽のジャンルにとらわれず、弾き語りやアコーディオン演奏も交え、曲の持つ色彩感と歌詞を大切に独自の世界観で淡々と自然体に、かつ優しく美しく歌い上げるのが汐入のスタイル。